Chapter 3-2 - 淹れ方で違いを楽しむ -3つの焙じ茶の楽しみ方-

Welcome to HOHO HOJICHA Column


- 京都唯一の焙じ茶専門店 HOHO HOJICHA -


第3回-2 淹れ方で違いを楽しむ - 3つの焙じ茶の楽しみ方 -


前回に引き続き、淹れ方で楽しむ 3つの焙じ茶の楽しみ方をご紹介します。



2つ目は、大人な楽しみ方『焙じ茶オン・ザ・ロック』です。

焙じ茶の飴色に透き通った水色は、ウイスキーにとてもよく似ています。

ウイスキーと同じく、焙じ茶はチョコレートとの相性が良いお茶です。


焙じ茶の芳ばしさが、チョコレートの濃厚な甘さをマイルドにし、甘みの余韻を堪能させてくれます。

口に残るチョコレートの油分も焙じ茶が流してくれるので、後口がさっぱりします。




淹れ方 -2- 焙じ茶オン・ザ・ロック




用意するもの… (1杯分)

・グラス

・グラス山盛りの氷

・急須 

・極みの焙じ茶 5~6g (お好みで加減)

・熱湯 100ml

淹れ方…


1.先ずはお気に入りのグラスを用意します。

 

2.ウイスキーグラスなら半分くらいの水、おおよそ100mlを沸騰させます。

 水道水の場合は蓋を開けて沸騰させてカルキ臭を飛ばしてください。

 グラスには氷を山盛り入れておきます。


3.急須に茶葉5~6g(カレースプーン山盛り2杯くらい)を入れて熱湯を注ぎ入れ、

 約1分~1分半待ちます。(浸出時間はお好みで調節してください)

 氷で薄まるのを見越し、通常より茶葉は少し多いめ、浸出時間も少し長めにし、

 濃いめに抽出します。


 お茶は最後の一滴においしさが凝縮されています。最後の一滴まで注ぎきってください。

 

4.氷の上に静かに注ぎます。

 熱湯でグラスが割れてしまわないよう、必ず氷の上に注いでください。



今回ライターが『焙じ茶オン・ザ・ロック』に選んだお茶は、HOHO HOJICHA「極みの焙じ茶」です。

印象強く濃い焙煎香と重厚感のある旨味、「極みの焙じ茶」はゆっくりと味わいを楽しむのにぴったりです。


今回使用したアイテム↓

極みの焙じ茶 - Premium Hojicha -

《100g》¥1,180 (税込)

極上の宇治焙じ茶 印象強く濃い焙煎香を感じるお味







秋の夜長のおうちタイム、映画鑑賞や読書のおともに「焙じ茶オン・ザ・ロック」を…

カランという氷の音と、芳ばしい焙じ茶の味わいを五感で楽しむのも良いですね。


HOHO HOJICHA

0件のコメント

最新記事

すべて表示