Chapter 3-3 - 淹れ方で違いを楽しむ -3つの焙じ茶の楽しみ方-

Welcome to HOHO HOJICHA Column


- 京都唯一の焙じ茶専門店 HOHO HOJICHA -


第3回-3 淹れ方で違いを楽しむ - 3つの焙じ茶の楽しみ方 -

少し間が空いてしまいましたが、淹れ方で楽しむ 3つの焙じ茶の楽しみ方をご紹介します。


1回目は「水出し焙じ茶」、2回目は「焙じ茶オン・ザ・ロック」でした。

そして最後にお伝えするのは、もっともスタンダードな焙じ茶の淹れ方『お湯出し』です。


焙じ茶はその香ばしい焙煎香が特徴のお茶です。

熱いお湯で香りを立ち上らせて淹れるのが、もっとも焙じ茶らしい楽しみ方ではないでしょうか。



焙じ茶の香ばしさの秘密は『ピラジン』という香り成分。

この『ピラジン』は香ばしいだけでなく、脳をリラックスさせる働きや、血流をよくする働きがあることが研究で分かっています。



焙じ茶の香りを嗅ぐと、なんだかホッとする…

それは気のせいではなく、この香り成分『ピラジン』によるものなんですね。



淹れ方 -3- お湯出し



今回ライターがセレクトした焙じ茶は、 HOHO CHAです。

包み込むような香ばしい香り、甘みのあるマイルドな味わいとコクが程よいバランスのお茶です。

用意するもの…(3人分)

急須

湯のみ

茶葉 大さじ3杯 約9g (1人分は大さじ1杯 3g)

熱湯 390ml(1人分なら130ml)

淹れ方…

1.お気に入りの急須と湯のみを用意しましょう。

焙じ茶は熱湯でたっぷりと淹れたいので、急須には土瓶かポットタイプを、湯のみは厚みのあるものがおすすめです。

土瓶やポットは比較的大ぶりなものが多いので、中でしっかり茶葉が広がります。

茶葉の大きな焙じ茶にはぴったりです。

また時間のあるときは、茶器をお湯で温めておくと良いです。

2.急須に大さじ1杯(約3g)の茶葉を入れます。

3.熱々のお湯を注ぎます。

 ミネラルウォーターなら軟水のものを、水道水ならしっかりと沸騰させてカルキ臭を飛ばします。

沸騰した熱々のお湯を注ぎます。

このとき、すべての茶葉がお湯を含むように、茶葉にお湯を当てるように注ぎます。

4.約30秒、茶葉が開くのを待ちます。

   

5.湯のみに注ぎます。

 複数の湯のみに淹れる場合は、濃さと量が均等になるように、少しずつ注ぎ分けます。

 お茶は最後の一滴に美味しさがぎゅっと詰まっています。

 かならず最後の一滴まで注ぎ切ってください。

 最後まで注ぎ切ったら急須の蓋を開けておきます。

 中にお湯を残さないこと、茶葉を蒸らさないことが2煎目を美味しく淹れる秘訣です。 

今回使用したアイテム↓



HOHO CHA ほほ茶

- Premiam brend Hojicha -

《100g》¥1,180 (税込)

特選くき焙じブレンド

焙じた香りの中に茶葉の甘み、芳醇な余韻を感じます。


疲れたとき、リラックスしたいとき…

温かい焙じ茶でほっこり、心とカラダを温めてください。

HOHO HOJICHA

0件のコメント

最新記事

すべて表示