Extra Chapter -『宇治茶まつり』

Welcome to HOHO HOJICHA Column


- 京都唯一の焙じ茶専門店 HOHO HOJICHA -

HOHO HOJICHA宇治本店は宇治川のほど近くにございます。

宇治本店から少し歩くとすぐに宇治川にかかる大きな橋が見えてきます。


毎年10月の初旬、この宇治川周辺で「宇治茶まつり」が行われます。

「宇治茶まつり」は、中国から日本にお茶を伝えた栄西禅師、宇治に茶園を開いた明恵上人、茶道の祖 千利休、この三恩人への報恩感謝と茶業功労者の遺績を讃え、宇治茶の隆盛を祈願するための歴史ある行事です。

宇治橋の西詰から三つ目の欄干に、幅一間ほど上流へ向かってせり出した部分があります。

このせり出した部分を「三の間(さんのま)」といい、宇治橋の守護神「橋姫」を祀った名残と言われています。


また、豊臣秀吉が伏見城を築いてのち、名水といわれた宇治川の水をこの三の間から汲み上げて、毎日伏見城まで届けさせたとも言われています。

宇治茶まつりは、この「三の間」から宇治の名水を汲み上げる「名水汲上の儀」から始まります。


汲み上げられた水は、竹筒に入れられ宇治川上流の興聖寺へ運ばれます。

そこで今年初夏に摘んだ新茶を詰めた茶壺の口を切り、石臼で挽いて抹茶にする「茶壺口切りの儀」が行われ、汲み上げた名水を使った湯でお茶を点てて献茶されます。

宇治茶の先人への感謝と未来の宇治茶の発展に祈願をこめて、今年も厳かな空気の中、儀式が執り行われました。


宇治茶の先人に思いを馳せ、今年も美味しいお茶が出来上がったことに改めて感謝する日となりました。

秋の良き日に、ぜひお茶とお茶の歴史に触れに宇治へお越しください。



HOHO HOJICHA 宇治本店


〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽51番地2

0774-22-0977

営業時間 10:00~18:00 《無休》




HOHO HOJICHA

0件のコメント

最新記事

すべて表示